【香港時事】香港の複数のメディアは4日、新型コロナウイルスによる肺炎で、香港在住の39歳の男性が死亡したと報じた。中国本土以外で死者が確認されたのはフィリピンに次ぎ2人目で、香港では初めて。
 報道によると、男性は1月21日に香港から中国湖北省武漢市に渡航。23日に高速鉄道を使って香港に戻った後、31日に発熱し、検査で感染が確認された。ウイルス潜伏期間中に感染源とされる海鮮市場は訪れておらず、野生動物との接触もなかったという。当初、病状は安定していると報じられていた。 (C)時事通信社