自民党の二階俊博幹事長は4日、東京都の小池百合子知事と党本部で会い、新型コロナウイルスによる肺炎が流行している中国に対し、医療用防護服5~10万着を追加提供するよう協力を求めた。小池氏は応じる考えを伝えた。
 会談後、小池氏は記者団に「都の備蓄体制は整っている。中国での対策に使っていただくならばと考えている」と説明した。都は既に防護服2万着を中国に提供している。 (C)時事通信社