【北京時事】中国外務省の華春瑩報道局長は4日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎をめぐる日本側の支援を詳しく紹介し、「心から感謝して心に深く刻む」と述べた。習近平国家主席の国賓訪日に向けて国民の対日感情を和らげるとともに、厳しい対中防疫措置を取る米国をけん制する狙いがありそうだ。
 華氏は、日本の政府や地方自治体、企業が「自発的にマスクや防護服などを贈ってくれている」と説明。「武漢加油(頑張れ)」と応援メッセージを掲げる商店をネット上で見たなどと話し、「日本人の心暖まる行為」を絶賛した。中国メディアの質問に答えた。 (C)時事通信社