厚生労働省は4日、新たに男女3人について、新型コロナウイルスの感染を確認したと発表した。中国から来日した30代女性と50代男性のほか、チャーター機で中国・武漢市から帰国した50代女性で、いずれも検査でいったん陰性と判断されながら、再検査で陽性反応が出た。国内で確認された感染者は計23人となった。
 厚労省によると、50代女性は1月30日に中国・武漢市から政府が用意したチャーター機の第2便で帰国。病院で診察を受けた際に37.8度の熱があったが、31日の検査では陰性だった。2月1日から肺炎の症状が出たため、4日に再検査したところ感染が判明した。
 30代女性は武漢市在住で、1月21日に来日。30日から38.8度の熱が出て、31日に肺炎と診断され入院した。2月1日に陰性と判断されたが、症状が改善しなかったことから再検査し、4日に陽性反応が出たという。
 50代男性は1月下旬に中国・湖北省から来日。感染者がいたバスツアーに参加し、30日に帰国した。滞在中の検査結果は陰性だったが、その後に採取した検体を調べたところ、4日になって感染が判明した。 (C)時事通信社