新型コロナウイルスによる肺炎を受け高額転売が問題となっているマスクについて、消費者庁の伊藤明子長官は5日、「転売目的ではないかと思われる動きがあり、望ましくない」と述べ、フリーマーケットアプリを運営する企業に対応を要請する考えを示した。既に一部企業には要請したという。
 消費者庁によると、全国の消費生活センターには「ぜんそくがあるのに手に入らない」などと苦情が寄せられている。伊藤長官は「自らが必要とするのではなく、たくさん買って転売するのはいかがなものかと思う」と話した。 (C)時事通信社