【ロンドン時事】英スカイニューズ・テレビは5日、猛威を振るう新型コロナウイルスのワクチン開発競争で、英研究者チームが「大幅な前進」を遂げたことを明らかにしたと報じた。順調なら今夏に臨床試験に乗り出す。
 研究チームを率いる英インペリアル・カレッジ・ロンドンのロビン・シャトック教授はスカイに「(新型肺炎が)パンデミック(大流行)になって世界中に広がった場合、(ワクチン開発が夏以降になっても)手遅れということにはならない」と述べた。
 教授のチームは通常2、3年かかるワクチン候補の開発に14日間で成功し、来週初めまでに動物実験に着手。効果が確認され、研究資金さえ確保できれば、臨床試験への移行は動物実験から2、3カ月以内という。 (C)時事通信社