横浜港に停泊しているクルーズ船の乗員乗客約3700人について、厚生労働省は5日、新型コロナウイルス感染の有無確認などのため、原則2週間、船内にとどまってもらう考えを示した。「持病薬が切れる」「情報が足りない」。長旅を終え、下船を心待ちにしていた乗客からは困惑と不安の声が広がった。
 電話取材に応じた大阪市の団体役員、平沢保人さん(64)は先月20日、妻と共に横浜港から乗船した。高血圧の持病薬を毎日服用しているが、「あすの分までしかない。高齢者も多いし糖尿病の人もいる。大丈夫なのか」と不安を口にした。
 4日夜まではロビーなどの共有スペースを利用できたが、5日朝になって「部屋から出ないように」と船内アナウンスがあった。「自分は妻と一緒なので話し相手がいるが、一人で乗船している人は大変だろう」と周囲を気遣う平沢さん。「『(下船の見通しが)早くて14日後』というだけで、新たな感染者が見つかったらどうなるのかも分からない」と話した。
 「このままでは不満が爆発する」。平沢さんが過ごす部屋にはベランダがあるが、船内には窓がない客室もある。「仕方がないのかもしれないが、そこで2週間過ごせというのはあまりに苦しい」と事態長期化に懸念を示した。
 夫と母の3人で乗船した石田雅子さん(61)=東京都世田谷区=も、「母が白内障の手術をしたので目薬が必要だ」と訴えた。ただ、夕方に入り、必要な薬がある場合は知らせるよう船内アナウンスがあったという。
 石田さんによると、掃除やベッドメークなどのサービスはなくなり、タオル交換だけになった。室外にあるコインランドリーも使えず、着替えを少量しか用意していない石田さんは「不安がある」と語った。
 別の乗客は、インターネット交流サイト(SNS)に船内の様子を投稿。「今後はどのような対応になる可能性があるのか知りたい。このまま船で14日間なのか」とつづり、情報が限られていることに戸惑いを見せた。
 クルーズ船運航会社は5日、外部との連絡手段として、ネットと電話回線を無料で乗客に提供すると発表した。「お客さま全員が快適に過ごしていただけるよう努力する」とのコメントを出したが、取材に対し、船内の滞在費を誰が負担するかなど詳細は明らかにしていない。 (C)時事通信社