厚生労働省は6日、新型コロナウイルスの陽性反応が出た無症状感染者の入院期間を10日間から12.5日間に延長すると発表した。世界保健機関(WHO)の潜伏期間に関する見解が変更されたことを受け、同省も見解を見直した。これに伴い、中国・武漢市から帰国し、宿泊施設などにとどまっている邦人に対しても滞在期間を延長する。
 WHOは、潜伏期間を当初の「2~10日」から「1~12.5日」に変更。厚労省は専門家の意見を踏まえ、無症状感染者の入院期間を見直した。無症状感染者は入院期間を経過した後、ウイルス検査を12時間ごとに実施。2回連続で陰性が出たら退院を許可する。
 症状が出ている患者の対応は変えず、熱が下がった状態が24時間続き、呼吸器症状が改善してから2度ウイルス検査を実施。連続して陰性が確認されたら退院可能となる。 (C)時事通信社