精子や卵子が作られる際の特殊な細胞分裂(減数分裂)のスイッチを入れる遺伝子を発見したと、熊本大などの研究チームが7日、米科学誌デベロップメンタル・セル電子版に発表した。減数分裂の異常は不妊の原因の一つで、成果は不妊治療の進展にもつながると期待される。
 通常の細胞分裂(体細胞分裂)は、両親からの染色体ペアをそれぞれコピーしてから分配し、元の細胞と同じものを二つ作る。一方、精子や卵子の元となる生殖細胞も体細胞分裂で増えるが、精子や卵子を作る時には染色体の分配が2回連続する減数分裂に切り替わる。
 熊本大の石黒啓一郎准教授らは、精巣や卵巣で減数分裂に切り替わった細胞だけに含まれるたんぱく質を網羅的に解析。未知のたんぱく質が増えていることを見いだし、このたんぱく質を作る遺伝子を「マイオーシン」と名付けた。
 ゲノム編集でマイオーシンを働かなくしたところ、雄も雌も精子や卵子を形成できなくなった。マイオーシンが、精子や卵子の形成直前、関与する多数の遺伝子を活性化させ、減数分裂のスイッチを入れていることも分かった。
 同様の遺伝子はヒトにもあるといい、石黒准教授は「精子や卵子の形成不全を示す不妊症の病態解明に資すると思う」と話している。 (C)時事通信社