【ジャカルタ時事】新型コロナウイルスの感染者が出ていないインドネシアで、理由の詮索が盛んになっている。インターネットでは「劣悪な環境で暮らし、免疫が強いから」と自虐的な投稿が人気を集める一方、自国のウイルス検出能力を不安視する声も多く、マスクが店頭から消えた。
 「インドネシアはすごい。多くの国で感染者が出たのに、まだゼロだ」。ツイッターに3日投稿された文章はこんな書き出しで始まる。続けて、「湿度の高い熱帯で、無数の菌や汚い空気に囲まれて暮らす私たちは、外国人より免疫が強い」と自虐的に分析。「日本人が命を落とすような大腸菌も、せいぜい下痢だ。子どもの頃から汚い水を使ってきたから」とも記し、3万5000回以上リツイートされた。
 インドネシアを訪れる中国人観光客は多く、毎年200万人を超す。4日までは往来が禁じられておらず、感染ゼロは不自然と受け取られている。「感染者がいないのではなく、発見できていないだけでは」「検出器の性能が悪く、ウイルスは拡散しているかも」。政府の能力を疑う投稿が目立つ。
 地元紙によると、各地でマスクの買い占めや品切れが頻発し、価格が高騰。「ウイルスは中国の陰謀だ」というデマも出回っている。 (C)時事通信社