新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中国湖北省武漢市から、退避する日本人らを乗せた日本政府のチャーター機第4便が7日午前、羽田空港(東京都大田区)に到着した。中国籍の家族を含む198人が搭乗。検査後症状がない人は経過観察のため、税務大学校和光校舎(埼玉県和光市)で受け入れる。関係者によると、1人が症状を訴えているという。
 菅義偉官房長官は7日の記者会見で、湖北省に残る帰国希望者は数人程度となったことを明らかにし、「第4便派遣によって、帰国を希望する大部分の方の帰国が実現したと思っている」と述べた。帰国を希望しない人も数十人いるという。日本政府のチャーター機による中国籍の人の退避を認めたのは初めて。
 日本政府によると、198人は日本人とその配偶者、子どもらで、武漢市内在住が80人、同市外の湖北省内在住が118人。国籍・地域は日本が119人、中国が77人、台湾が2人。6歳以下が51人いるという。厚生労働省などは、機内で検疫を実施し、感染の疑いがある人や体調不良者は病院に搬送する。
 第1~4便では、計763人が帰国。第3便までで、無症状の4人を含む計9人の感染が確認された。 (C)時事通信社