東京都の小池百合子知事は7日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて補正予算を編成すると発表した。小池氏は「感染防止対策の強化、経済面の打撃を最小限に抑える取り組みが中心」と述べた。訪日外国人旅行者(インバウンド)の減少や、サプライチェーン(部品供給網)の寸断への対応などが盛り込まれる見通し。
 都議会の一部会派も同日、中小零細企業や観光産業への影響を抑えるための補正予算編成を小池氏に要望。会見で小池氏は「セーフティーネットをきちんと設けていくことが必要だ」と語った。 (C)時事通信社