【北京時事】中国で新型コロナウイルスによる肺炎発生が公表される前の昨年末に警鐘を鳴らし、警察に「デマを流した」として処分された湖北省武漢市の医師、李文亮氏が7日未明、新型肺炎のため死去した。33歳だった。李氏の勤務する病院が中国版ツイッター「微博」で公表した。
 李氏ら8人は昨年12月30日、医師仲間のグループチャットで原因不明の肺炎について「海鮮市場の7人が重症急性呼吸器症候群(SARS)と確認された」などと警戒を呼び掛けたことで、地元警察に「デマを流した」として訓戒処分を受けた。
 しかし、その後の感染拡大は李氏らの警告通りになり、ネット上で当局の情報隠しに対する批判が噴出した。中国で全ての公職者の不正を摘発対象とする国家監察委員会は7日、調査チームを武漢に派遣すると発表。再調査で李氏の名誉回復を図り、当局批判の拡大を防ぐ狙いがありそうだ。
 中国外務省と国家衛生健康委員会は同日の定例記者会見で、李氏の死去に哀悼の意を表明。地元メディアによると、武漢市当局は直ちに労災認定し、保険金や葬儀補助金など少なくとも約82万元(約1300万円)が遺族に支払われる見通しだという。
 眼科医師の李氏は先月、診療中に患者から新型肺炎に感染したとみられ、今月1日に自身の微博で「陽性」結果が出たことを公表していた。 (C)時事通信社