新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中国湖北省武漢市から退避した日本人と中国籍家族ら198人を乗せた日本政府のチャーター機第4便が7日午前、羽田空港に到着した。厚生労働省によると、日本人9人を含む計12人がせきや発熱などの症状を訴え、東京都内の医療機関に入院した。
 入院者には子どもも含まれているという。症状がない人は経過観察のため、税務大学校和光校舎(埼玉県和光市)で受け入れる。
 日本政府のチャーター機による中国籍の人の退避を認めたのは初めて。政府によると、湖北省に在留する帰国希望者は残り数人となり、チャーター機による邦人退避は一段落した。
 日本政府によると、198人は日本人とその配偶者、子どもらで、武漢市在住が80人、同市外の湖北省在住が118人。国籍・地域は日本が118人、中国が78人、台湾が2人。6歳以下が51人いるという。
 厚労省は機内で検疫を実施。羽田空港で搬送された4人を除く全員の健康状態を国立国際医療研究センター(新宿区)で確認した後、症状がない人は滞在施設に移動した。
 第1~4便では、計763人が帰国。第3便までで計9人の感染が確認された。このうち4人が無症状の感染者とされていたが、厚労省は7日、第2便で帰国した50代男性の発症が確認されたと発表した。 (C)時事通信社