乗客乗員が新型コロナウイルスに集団感染したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、厚生労働省は7日、新たに検査結果が判明した乗客ら171人中、41人の新型ウイルス感染を確認したと発表した。症状がある乗客ら273人分の検査は全て終了し、同船での感染者は、下船した香港の男性を除き計61人(日本人は計28人)となった。
 厚労省によると、5日に感染が判明して入院中の10人のうち、持病のあった1人が重症だが、症状は比較的安定しているという。国内感染者は同船の61人や無症状の人を含め、計86人。
 7日に感染が判明した41人は全員乗客。重症者はおらず、東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡の医療機関に搬送された。
 日本人はうち21人で、内訳は20代女性1人、50代女性2人、60代男性1人、女性2人、70代男性7人、女性6人、80代男女各1人。残る20人の国籍は米国(8人)、カナダ(5人)、オーストラリア(同)、アルゼンチン(1人)、英国(同)。
 搬送された感染者らを除く乗客乗員約3600人は、船内の客室などで待機し、下船は19日以降となる見通し。厚労省は、乗客から要請があった高血圧や糖尿病などの持病薬について、6日から7日にかけ約150人分を届けたという。同省は検査を終えた273人に加え、高齢者や感染者との濃厚接触者を対象に、症状がなくても検査を行う。ただ、全員を対象とした検査はしない方針。 (C)時事通信社