【北京時事】中国政府は8日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で、同日午前0時(日本時間同1時)時点の死者は722人、感染者は3万4546人に増えたと発表した。このうち重症者は6101人。
 死者は首都・北京で2人目が確認されたほか、湖北省で81人、黒竜江省で2人、河南省、甘粛省で各1人増。甘粛省の死者は初めて。新型肺炎の死者数は、2002~03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の全世界の死者774人に迫る勢いだ。
 中国本土全体の新たな感染者の報告は、前日まで2日連続で減少していたが、8日は3399人と再び増加に転じた。ただ、このうち湖北省以外は4日連続減となる558人で、中国メディアは「朗報」として強調して伝えた。
 中国本土以外では、日本やシンガポールなど27カ国・地域で320人以上の感染者が確認され、フィリピンと香港で各1人が死亡した。 (C)時事通信社