国内でも感染者が確認されている新型コロナウイルスについて、日本感染症学会と日本環境感染学会は12日、報道機関と市民に向けたセミナーを13日に開くと発表した。最前線の専門家が治療法や予防策について説明することで、「不安をやわらげたい」としている。
 セミナーは午後2時~3時半、横浜市のパシフィコ横浜で開催する。両学会理事長が司会を務め、患者の治療に当たっている医師や、感染対策の専門家が講演。会場からの質問も受け付ける。参加には申し込みが必要で、詳細を両学会ホームページに掲載した。 (C)時事通信社