【ビジネスワイヤ】スイスの血漿(けっしょう)製剤大手オクタファルマは、ハーグで今月開催された第13回欧州血友病学会でスポンサーを務め、学術活動を行ったと発表した。同社のヒト細胞株由来組み換え型第VIII因子「Nuwiq」の有効性・免疫原性・インヒビター制御能がテーマの学術シンポジウムを実施。Nuwiqによる血友病A治療の臨床試験NuProtectの最終結果などが発表された。(C)時事通信社