【ビジネスワイヤ】医療情報技術大手の米インターシステムズは、同社の統合医療情報システム「トラックケア」に新型コロナウイルス感染症への対応機能を追加したと発表した。新機能は医師による患者スクリーニングなどを支えるもの。ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センターが提供する「世界における武漢コロナウイルス症例」追跡アプリへのリンクを持つ。トラックケアはアジア/オセアニア地域の世界的電子医療記録としてKLAS最優秀賞を受賞している。(C)時事通信社