【バンコク時事】新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が乗船している疑いがあるとして、日本やタイなどから入港を拒否されたクルーズ船「ウエステルダム」号が13日、カンボジア南部シアヌークビルに到着した。
 乗客乗員2257人のうち5人が日本人。1日に香港を出港し、日本で旅程を終える予定だったが、日本政府は「感染症発生の恐れがある」として入港しないよう要請。日程を変更して寄港を目指したタイにも拒否され、2週間近くにわたって海上をさまよっていた。
 運航会社によると、搭乗客はシアヌークビルからチャーター機でプノンペンに移送され、帰国の途に就く。同社は「全員健康で感染の疑いがある搭乗者はいない」と説明している。 (C)時事通信社