新型コロナウイルスをめぐり、中国への渡航歴がなく、渡航した人との接触歴も明らかでない感染者が国内で相次いで見つかり、うち1人は初の死者となった。専門家は、国内で一定規模の流行が起きている可能性が高いと指摘。「流行を早く見つけて拡大スピードを抑えることと、重症者対策に集中することが必要だ」と話している。
 押谷仁・東北大教授(ウイルス学)は、渡航歴のある人など最初の感染源とみられる人物を特定できれば封じ込めも可能だが、無症状の感染者が介在している可能性が高く、たどり着くのは難しいとみる。「周囲にどの程度の感染者がいるかを見極めてさらなる拡大を防ぐ作業は必要だが、感染源特定や軽症者探しをやりすぎると疲弊する」と警戒する。
 押谷教授は「他の地域でも同様の流行が起きている恐れがある」と分析。流行を早く見つけるほど拡大スピードを抑えられ、医療体制に過大な負荷がかかることを防げるという。また、感染者が増えれば一定の確率で重症者が出るとして、「医療体制を重症者に集中させるべきだ」と語った。 (C)時事通信社