マウスの生殖細胞の発生直後、性が雌に決まり、卵子への分化過程の「卵母細胞」に変化する要因遺伝子が判明したと、京都大の斎藤通紀教授らの研究グループが発表した。卵子を形成し始める仕組みが解明でき、論文が14日の米科学誌サイエンス電子版に掲載される。
 研究グループはこれまでに、マウスの精子や卵子の起源となる「始原生殖細胞」を卵母細胞に育てることに成功。さらに試験管内で成熟させ、正常な子を産めることを確認していたが、詳しい仕組みは分かっていなかった。
 今回は卵母細胞の形成を決定する遺伝子を特定するため、マウスの始原生殖細胞で遺伝子の働きを調べ、候補を八つに絞った。八つのうち、「ZGLP1」という遺伝子を発現させなかった時は卵母細胞に全く変化しなかったが、ZGLP1だけ発現させた場合は卵母細胞に誘導できた。
 斎藤教授は今後、ヒトの卵母細胞ができる仕組みの解明を目指すといい、「ZGLP1が不妊の原因になっていることは大いにあり得る」と話した。 (C)時事通信社