加藤勝信厚生労働相は16日のNHK番組で、新型コロナウイルスによる肺炎について、「日本もここにきて感染者数が増えている。今後拡大する可能性を前提に体制をつくらないといけない」と述べ、国内での感染の広がりを見据えた医療面の対応を急ぐ考えを示した。
 加藤氏は感染予防策として、「人混みに出るときはマスクを付け、小まめに手を洗う。高齢者は人混みを避けてもらう」ことを挙げた。また、「国民の中には偽と言っていい情報で心配する人もいる。的確な情報をタイムリーに出していく」と語った。 (C)時事通信社