【台北時事】台湾の衛生当局は16日、新型コロナウイルスに感染した人を新たに2人確認し、このうち60歳代の男性が15日に死亡したと発表した。死因は肺炎と敗血症の合併症で、B型肝炎と糖尿病の持病があった。男性に海外への渡航歴はないという。台湾で新型肺炎が原因で死亡した人は、この男性が初めて。
 これにより、台湾で新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、亡くなった男性を含めて計20人となった。このうち2人は退院済みで、残り17人の病状は安定している。 (C)時事通信社