安倍晋三首相は17日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの国内感染が相次いで確認され、国民に不安が広がっていることを踏まえ、相談や受診のための指針を同日中に策定する方針を表明した。自民党の上野賢一郎氏への答弁。
 首相は「高齢者や基礎疾患のある人が確実に必要な診療につながるよう、国民に分かりやすい受診の目安について本日中に取りまとめる方針だ」と述べた。どのような症状が、どれくらい続いたら相談・受診すべきかの指針を示すことで、相談窓口や医療機関への問い合わせを絞り込みたい考えだ。 (C)時事通信社