菅義偉官房長官は17日の記者会見で、新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から自国民を退避させるため、カナダ、オーストラリア、イタリア、香港がチャーター機派遣を計画していることを明らかにした。その上で「(同船の健康観察期間が終了する)19日より前の下船は、一般市民と交わらないようにする」と述べ、空港への移動経路などを制限する考えを示した。 (C)時事通信社