【ロサンゼルス時事】新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から退避した米国人らを乗せた米政府のチャーター機が16日深夜(日本時間17日夕)、西部カリフォルニア州の空軍基地に到着した。日本時間17日朝に羽田空港を出発したチャーター機は2機で、同州や南部テキサス州の空軍基地に向かった。日本政府によると、米国人とその家族計328人が搭乗した。
 感染の有無を確認するため、搭乗者は両州の空軍基地で14日間隔離される。無症状の14人が日本で離陸直前に感染が判明したが、米当局は他の乗客と隔絶して搭乗することを許可した。当初は感染者をチャーター機に乗せず、日本で治療を受けさせる方針だった。
 横浜港に停泊していたクルーズ船には約400人の米国人が乗船していた。米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、米衛生当局者の話として、このうち44人にウイルスの陽性反応が出たと伝えた。 (C)時事通信社