クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で起きた新型コロナウイルスの集団感染問題で、学校法人藤田学園(愛知県豊明市)が4月開院予定の藤田医科大岡崎医療センター(岡崎市)で下船する乗客を受け入れることが18日分かった。ウイルス検査で陽性だった患者のうち症状が出ていない人などが対象。最大200人の収容が可能で、県によると、同日深夜にも無症状の患者24人とその家族ら8人の計32人が搬送される予定。
 藤田医科大病院などを運営する藤田学園は、厚生労働省から依頼を受け、県などと対応を協議。岡崎医療センターは現在、一般患者を受け入れておらず、感染拡大の恐れがないこともあり、受け入れを決めた。
 同センターでは医師や看護師が健康相談などに対応する。開院前で医療行為ができないため、患者が重症化した場合などは愛知県内の指定医療機関で治療する予定。 (C)時事通信社