立憲民主党など主要野党は19日午前の国対委員長会談で、小泉進次郎環境相が政府の新型コロナウイルス感染症対策本部を欠席して地元の新年会に出席した問題を追及していく方針で一致した。この後、立憲の安住淳氏は記者団に「閣僚の責任を放棄している。進退につながりかねない話だ」と批判した。
 安住氏は小泉氏以外の閣僚も、対策本部を欠席して地元の会合に出ていた疑いがあると指摘し、「国民の不信を招きかねない」と述べた。安住氏は自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談し、「緩んでいる」と抗議。森山氏は「今後はできるだけ閣僚本人が出席することがいいと思う」と応じた。
 これに先立ち、自民、公明両党の幹事長と国対委員長が東京都内のホテルで会談し、新型肺炎の拡大を受け、政府に万全の対応を求めることを確認した。公明党の高木陽介国対委員長は記者団に、小泉氏について「やはり閣僚として重要な会合にはしっかりと取り組んでほしい」と苦言を呈した。 (C)時事通信社