厚生労働省は19日、中国武漢市からチャーター機第5便で17日に到着した65人のうち、50代邦人男性の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。
 1~5便で退避した828人のうち、感染が確認されたのは14人となった。他に1人が再検査中で、残り63人は陰性だった。
 厚労省によると、男性は武漢市がある湖北省在住。帰国直後の機内検疫でせきや喉の痛みを訴え、医療機関に搬送された。 (C)時事通信社