【北京時事】中国政府は20日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で、同日午前0時(日本時間同1時)時点の感染者は累計で394人増の7万4576人、死者は114人増の2118人になったと発表した。このうち最も状況が厳しい湖北省の死者は108人増え、2029人に達した。
 死者は上海市と河北、福建、山東、雲南、陝西省でも各1人が新たに確認された。湖北省以外で増加した感染者は45人で、16日連続減。
 湖北省の1日当たりの感染者の増加は、前日の1693人から大幅に減り、1月27日発表の371人を下回った。改めて精査した結果、省内10市で計279人を感染者から除外したことも要因。増加幅は同月30日公表分から連日、1000人を上回っていた。 (C)時事通信社