神奈川県の黒岩祐治知事は20日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客で、同県内に住む80代男性が新型コロナウイルスに感染した後、死亡したことを受け、「亡くなったのは残念でならない」と語った。
 黒岩知事は、乗客を船内で隔離した国の対応について、「乗客乗員3700人を下ろしてどこに連れて行けばいいか考えると、やむを得ない選択肢だったのではないか」と一定の理解を示した。
 その上で「徹底的な感染防止対策ができず、隔離している間に新たな感染が広がった可能性も否定できない」と指摘。「教訓にしながら今やれることを横浜市、国と一体となって取り組むことが大事だ」と述べた。 (C)時事通信社