【シドニー時事】オーストラリア政府は21日、新型コロナウイルスの感染が広がったクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船し、帰国した豪州人について検査したところ、2人から新型ウイルスの陽性反応が出たと発表した。ただ、2人とも深刻な症状ではないという。
 ロイター通信によると、豪政府の担当者は今後数日間に新たに発症する自国の乗船客が出てくる可能性があると説明。クルーズ船をめぐる日本政府の対応に疑問符が付きそうだ。
 クルーズ船の検査で陰性で無症状だった豪州人の乗客164人を乗せたチャーター機が20日、北部ダーウィンの空軍基地に到着した。到着時に発熱などの症状があった6人をその場で隔離。うち2人がウイルスに感染していた。
 豪政府は、クルーズ船で過去数日間に感染拡大が続いていたと指摘。「帰国後に陽性となるのは予想外ではない」としている。
 チャーター機内では、乗員も含め感染防止の対策を実施した。乗客らは間隔を空けて座り、感染のリスクが高い人々は離れた区画の座席を利用した。食事の時を除き全員マスクを着用し、アルコール消毒ができる手拭きが提供された。
 豪州はクルーズ船の乗客をダーウィン郊外の隔離施設に移送。14日間の検疫を行っている。 (C)時事通信社