江藤拓農林水産相は21日の閣議後記者会見で、新型肺炎対策として来週から職員の時差出勤を導入すると発表した。テレワークも対象者を拡充する。江藤氏は「(省内で)患者が増え、機能停止することがないようにする」と説明した。
 現在、午前8時30分、9時、9時30分の3通りある出勤時間に、通勤ラッシュの混雑を避けて登庁できる10時、10時30分を新たに設定する。本省の場合、全職員の約6分の1に相当する約800人を対象とする。 (C)時事通信社