新型コロナウイルスの感染拡大に関し、萩生田光一文部科学相は21日の閣議後の記者会見で、小学校などでの卒業式について「現時点で一律に中止を求めることは考えていない」と述べた。ただ、感染が確認されている地域では、実施方法の変更や延期などについて検討を求める考えを示した。
 萩生田氏は、「卒業式はかけがえのない節目の行事だ」と強調。実施方法の一例として、保護者と子どもがいる会場を分け、映像を通じて式を進行するやり方を示した。 (C)時事通信社