【シドニー時事】オーストラリア保健省は22日、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していた自国民のうち、帰国後の検査でさらに4人から新型ウイルスの陽性反応が出たと発表した。4人は下船前の検査では陰性だった。帰国後に感染が確認された豪州の乗船客は計6人となった。
 発表によれば、4人はいずれも症状は軽いという。下船後にチャーター機で帰国した乗船客が過ごしている北部ダーウィンの隔離施設を離れて、地元の病院に移送される。
 同省は、チャーター機内では感染防止のために厳しく管理していたとして「機内で感染したとは考えられない」と説明した。
 下船した豪州人164人が20日にチャーター機で帰国し、78歳の男性と24歳の女性の感染が確認されていた。感染者を除き、帰国後は検疫のために隔離施設で14日間を過ごす必要がある。 (C)時事通信社