加藤勝信厚生労働相は22日午前の民放番組で、新型コロナウイルスに感染した患者の治療にインフルエンザ治療薬「アビガン」の使用を検討する考えを明らかにした。
 新型ウイルスにはまだ治療薬がなく、効果が確認されれば早急に治療の現場で活用する。
 加藤厚労相は、「新型コロナウイルスに対する治療薬は確定していない」とした上で、「これまでのインフルエンザなどに活用したもので、使えるものがあるのではないか」と指摘。アビガン以外の治療薬も含め、「効くのであれば、直ちに適用できる症状に使っていきたい」と強調した。 (C)時事通信社