与野党の政策責任者は23日のNHK番組で、新型コロナウイルスによる肺炎の問題をめぐり議論した。野党は水際対策をはじめとする一連の政府対応を批判。一方、与党側は検証が必要との認識を示した。
 野党からは集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」への政府対応に指摘が集中。立憲民主党の逢坂誠二政調会長は「非常に後手に回っている」と述べ、国民民主党の泉健太政調会長も「(水際対策は)成功とは言えない」と苦言を呈した。 (C)時事通信社