【台北時事】台湾の衛生当局は23日、新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船し、21日夜にチャーター機で帰還した19人の台湾人乗客らについて、計2回の検査を通じ、全員の陰性が確認されたと発表した。19人は2週間隔離される。
 同当局は一方、新型コロナウイルスの感染者を新たに2人確認したと発表した。これにより台湾で確認された感染者は、死亡した1人を含む計28人となった。 (C)時事通信社