【カイロ時事】イランのメディアによると、同国で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、現場担当の一人だったハリルチ保健次官が新型ウイルスの陽性反応を示したことが25日、明らかになった。現在は隔離されているとされ、同次官は交流サイト(SNS)に投稿した動画で「確実にコロナウイルスを打ち負かす」と語った。
 同次官は24日、イランの感染防止対応などに関する記者会見に政府報道官とともに出席。その際、しきりに額の汗を拭ったり、目をこすったりしていたため、健康状態をめぐり臆測も出ていた。
 イランでは25日までに死者が15人、感染が確認された人数は95人に増加した。ロウハニ大統領は25日の演説で、「保健省の指示に従い、パニックに陥るべきではない」と国民に冷静な対応を促した。 (C)時事通信社