【北京時事】中国政府は26日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で、同日午前0時(日本時間同1時)時点で本土の死者が前日比52人増の2715人、感染者が406人増の7万8064人になったと発表した。湖北省を除くと新たに確認された感染者は5人にとどまり、死者はゼロだった。
 湖北省以外の新規感染者は減少傾向が続いており、2日連続で一桁となった。31省・直轄市・自治区のうち浙江省や広東省など26地域で新たな感染者が確認されなかった。
 一方、中国本土の重症患者は前日比で374人減少したものの、依然として8752人に上る。大半が湖北省に集中し、このうち武漢市は7355人。 (C)時事通信社