【ソウル時事】在韓米軍は26日、韓国南部・大邱市近くの慶尚北道漆谷にある米軍基地「キャンプ・キャロル」に駐留していた米兵(23)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。在韓米軍は「ウイルス検査で米軍人に陽性反応が出るのは(世界で)初めて」と説明した。
 韓国保健当局と在韓米軍の医療関係者が感染経路や接触者の特定を急いでいる。
 発表によると、感染した米兵は男性で、現在、基地外の施設に隔離されている。米兵は24日に大邱市にある米軍基地「キャンプ・ウォーカー」を訪れたほか、21~25日にはキャンプ・キャロルに滞在していた。 (C)時事通信社