地域医療の確保に向け国と地方自治体の代表が話し合う会合が26日、東京都内で開かれ、都市部に医師が集中する医師偏在の問題について意見交換した。全国知事会と全国市長会、全国町村会は、過疎地や中山間地での一定期間の勤務を医師に義務付ける仕組みの創設などを国に要請した。 (C)時事通信社