【北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は26日の記者会見で、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が日本や韓国でも広がっていることについて、「中国にとってひとごとではなく、心からお見舞い申し上げる」と述べた。趙氏は「中日韓が手を携えて肺炎対策で努力し、協力を大いに深めることになると信じている」と強調した。 (C)時事通信社