菅義偉官房長官は27日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、4月19日に予定する「立皇嗣の礼」について「感染拡大の状況を注視しつつ必要な準備を進めたい」と語った。3月11日に予定する東日本大震災追悼式については「参列者の規模、感染症の拡大防止のために取り得る措置などを勘案しつつ検討中だ」と述べ、規模縮小などの措置を講じる考えを示した。 (C)時事通信社