新型コロナウイルスの感染抑制が全国的な課題となる中、27日の自民党各派の定例会合では関連する発言が相次いだ。細田派の細田博之元官房長官は「政治家は常に握手をする慣行がある。政治家が万一の場合(ウイルスの)媒介にならないために握手は控えたらどうか」と説いた。
 二階派の二階俊博幹事長は「健康に気を付けて元気にこの難局を乗り切ろう」と呼び掛けた。また、感染者が出た地域で小中学校が休校となったことを念頭に、石破派の石破茂元幹事長は「子どもたちを守るために春休みを全国的に早めるということもあり得るのではないか」と提案した。 (C)時事通信社