自民党は27日、新型コロナウイルスに関する対策本部(本部長・田村憲久元厚生労働相)の会合を党本部で開いた。日本での感染拡大に関する不正確な情報の拡散を防ぐため、政府による外国語での発信強化などを求める第2次提言をまとめた。28日にも政府に提出する。
 提言は、民間の検査機関と協力して、検査体制を強化することなども求めている。同党は今後、経済団体や業界団体から意見を聴取し、経済への影響を抑えるための提言もまとめる方針。
 公明党の斉藤鉄夫幹事長も27日、菅義偉官房長官と首相官邸で面会し、第2次提言を提出した。検査体制拡充のほか、安倍晋三首相が記者会見に臨むなどの情報発信強化が柱。菅氏は「提言内容を徹底し、全力を挙げていきたい」と応じた。 (C)時事通信社