超党派の国会議員が27日、大規模災害の発生に備えて船舶を活用した医療体制の整備を目指すための議員連盟を設立し、衆院議員会館で初会合を開いた。治療などを目的とする「病院船」導入を含め、政府に速やかな検討を促すための法案を、早ければ今国会に議員立法で提出する。
 病院船をめぐっては、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、加藤勝信厚生労働相が配備に前向きな考えを表明。河野太郎防衛相も海上自衛隊に検討を指示している。 (C)時事通信社