衆参両院は27日、議院運営委員会理事会をそれぞれ開き、新型コロナウイルスの感染防止のため3月1~15日の間は国会見学を中止すると決めた。本会議や委員会の傍聴は、憲法に審議公開が定められていることから自粛を求めるのにとどめた。
 傍聴希望者が出た場合、37.5度以上の熱がないことなどを条件に認める。衆院は体温計で計測、参院は体温を感知するサーモグラフィーを活用する方向。議員や政府関係者、報道関係者らには検温や手洗いの徹底など自己管理を求める。 (C)時事通信社