萩生田光一文部科学相は28日、臨時に記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため全国の小中学校、高校などの臨時休校を求める要請について「万が一、学校で(集団感染が)起これば児童生徒の生命、健康を守ることができない事態になりかねない。子どもたちの集まる学校施設をまず先にという決断に至った」と改めて理解を求めた。
 文科省は同日、臨時休校に伴う教育課程に関するQ&A形式の資料と、児童生徒に家庭学習を課す際の工夫例を都道府県教育委員会などに通知した。小学校の国語で、教科書の作品を再読して感想を書くなど、教科ごとに方法を紹介している。 (C)時事通信社